妊娠線の予防・対策マニュアル>妊娠線の予防・対策

妊娠線も予防できる!

妊娠線は急激な体重増加が主な原因です。
他には肌の乾燥(老化・日焼けによる)なども
原因として挙げられます。

できてしまった妊娠線を
目立たなくすることはできますが、
できれば予防する方がベターですね。
ですから、妊娠線の予防対策を
普段から講じておくことが大切です。

妊娠線は妊婦さんだけでなく、
乾燥肌や肥満体型の若い女性や高齢者、
男性にもできます。
妊娠線を避けたい方は是非他人事と思わず
妊娠線の予防を実践してみてください。
sponsored link


適度な運動


適度な運動は妊娠線だけでなく、
便秘や抜け毛などすべての悩みを予防してくれます。

妊婦さんであれば安定期以降、マタニティスポーツを行うようにしてください。
家にいる時であれば、拭き掃除などもいい運動になるようです。

運動は妊婦さんにありがちな腰痛・便秘・肩こりも改善してくれます。

妊婦さん以外の方であれば、
自分が継続できそうな運動を選んで続けていくといいでしょう。

食事内容と体重管理

「妊娠中は2人分食べなくてはいけない。」
これは昔の考え方です。

体重の増加はBMIによって決まりますから、妊婦さんによって異なります。
増えてもいい体重の目安を守り、バランスのいい食事を摂りましょう。

妊婦さんもそうでない方も基本は「腹八分目」です。

保湿ケア

妊娠中はホルモンバランスが崩れていますから、
肌が信じられないくらいに乾燥する方もいます。

バイオオイルなどで毎日マッサージを行うと、肌が柔らかくなり保湿も十分に行えます。
※バイオオイルなどによるマッサージは安定期以降です。

乾燥は妊娠線だけでなく、アトピー性皮膚炎や大人ニキビなど
様々な肌トラブルの原因になります。
低刺激の自分に合う化粧品でスキンケアをしっかり行ってください。

妊娠中はいろんなことでストレスが溜まりがちです。
妊娠線も気になりますが、上記のようなことに気をつけていれば
妊娠線を予防することは可能です。

ゆったりとした気分を保つことが一番大切です。
sponsored link

Copyright(C) 2011 妊娠線の予防・対策マニュアル Allrights reserved.