妊娠線の予防・対策マニュアル>マッサージオイル(バイオオイル)

マッサージオイル(バイオオイル)

バイオオイルは世界中で使われている
保湿美容オイルです。

急激に大きくなるお腹に対して、
皮下組織・真皮がそのスピードに
ついていけなくなるのが原因で
「妊娠線(皮膚にできるひび割れ)」ができてしまいます。

バイオオイルは妊娠線や肉割れなど
ストレッチマークをケアしてくれるオイルとして
ロングセラーとなっているオイルだと言われています。
sponsored link


オーストラリア・イギリスで売上NO.1

バイオオイルはファーマシー(薬局)スキンケア商品の
売上NO.1を達成(2008年)した商品です。

妊娠線は一度できたら消えない

妊娠線ができ易いのは下腹部、太もも、臀部、乳房です。
妊娠線が出る前に痒みが出てそして赤紫色の線が見られるようになります。
これが妊娠線です。

妊娠線は一度できたら消えることはありませんから、
出来る前に徹底的に保湿をして潤いがあって柔らかな皮膚を保つ必要があります。

できてしまった妊娠線をマッサージ

妊娠線ができてしまっても諦めることはありません。
バイオオイルを使ってマッサージを続ければ目立たなくさせることができます。

そもそも妊娠線というのは肌が乾燥することにも起因しています。

バイオオイルは角質層の深部にまで
うるおい成分を浸透させることが出来るオイルですから、
妊娠線にすり込むようにしてマッサージを続けましょう。

バイオオイルは、できてしまった妊娠線のケアに対する意識が
非常に高い欧米で大ヒットを飛ばしている商品です。

妊娠線のマッサージ法

バイオオイルを使用するのは安定期以降です。

◆太もも・臀部
バイオオイルを3滴ほど手の平にとって、
下から上に向かって円を描くようにやさしく塗り込んでいきます。

◆おなか
バイオオイルを3滴ほど手の平にとって、
臍を中心にして円を描くようにやさしくマッサージします。

◆乳房
バイオオイルを3滴ほど手の平にとって、円を描くように乳房をマッサージします。

マッサージは朝晩の2回です。

バイオオイルは良質なビタミンA・Eなどがふんだん含まれています。
動物性成分や防腐剤は配合されていないので安心して使えます。
sponsored link

Copyright(C) 2011 妊娠線の予防・対策マニュアル Allrights reserved.