妊娠線の予防・対策マニュアル>妊娠線とは?

妊娠線とは?

妊娠線とは、妊娠することによって
急にお腹が大きくなる為に皮下組織が伸びきれずに
できてしまうひび割れを指します。

皮膚の一番上にある表皮はとても伸びやすいのですが、
真皮や皮下組織は伸びづらいんですね。

これは真皮と皮下組織の厚みと代謝が影響しています。
また、皮膚乾燥していることも妊娠線ができる原因です。
sponsored link


妊娠線の特徴

・赤紫色の線状斑
 (毛細血管が皮膚の透過性により見える為) → 白色 → 光に当たると
 テカリが出ることが ある

・かゆみ

妊娠線ができる場所

最もできやすいのはお腹です。
胎児の成長と共に下腹部にできやすくなってきます。
その他には臀部、太もも、乳房などに発生します。

脂肪がつきやすい部位には基本的に妊娠線はできますから、
出来始めを見逃さないように注意しておきましょう。

肌にかゆみが出たら保湿ケア

皮下組織や真皮が表皮の伸びに追いつかず、
引っ張られる際に「かゆみ」を生じます。
つまりかゆみが妊娠線のサインです。

妊娠線ができる時期はだいたいつわりが治まる頃です。
急激に体重が増えた場合には、妊娠線ができてしまいます。
この時期にかゆみが出たら妊娠線が出来始めていると考えてください。

かゆみと一緒に妊娠線ができる訳ではありませんが、
「かゆい!」を感じたら保湿ケアをすぐに行いましょう。

妊娠線は何らかのケアを行わない限り、消えることはありません。
sponsored link

Copyright(C) 2011 妊娠線の予防・対策マニュアル Allrights reserved.