妊娠線の予防・対策マニュアル>妊娠線のかゆみ対策

妊娠線のかゆみ対策

妊娠線にはかゆみが伴います。
このかゆみがかなりひどく、
掻きむしってしまう方もいます。

このかゆみが出ている症状を
妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)
と言います。
sponsored link


妊娠性掻痒(にんしんせいそうよう)とは?

妊娠性掻痒は以下の3つに分けられます。

・「早期型」
妊娠3ヶ月目から見られる小さな発疹です。

・「後期型」
赤い斑で激しい痒みを伴います。
太ももや臀部にできたものは広範囲に広がります。

・「重症型」
出血を伴うブツブツが全身に見られます。
胎児が死亡するケースがあります。

妊娠性掻痒はホルモンの影響によるところが大きいと言えます。
・胆汁酸分泌の悪化
・肝臓への負担

これらが症状を引き起こしてしまうようです。

かゆみがかなりひどい為、かき壊してしまう方が多いのが特徴です。
かき壊しが原因で肌トラブルが増大します。

妊娠性掻痒は掻いてもかゆみは変わりません。
だからと言って掻くのを我慢できるレベルの痒みではないですので、
痒みが出たらすぐに病院を受診しましょう。

妊娠中ですので、市販のクリームは使わない方がいいでしょう。
医師に相談の上、対策を行ってください。



また、「かゆみ」というのは乾燥からくるものが多いのです。
ですので、普段から保湿はしっかりと行っておきましょう。
sponsored link

Copyright(C) 2011 妊娠線の予防・対策マニュアル Allrights reserved.